ANE JOB(アネジョブ)の評判・口コミを徹底解説!ナイトワークで働く女性達の昼職への転職支援サービスを紹介

初回投稿日最終更新日

目次 [show]

「キャバクラをやめたい・・」、「水商売をやめたい・・」などを考えながらナイトワークされている女性の方も多いのではないでしょうか。

多くのキャバクラ経験者・水商売経験者の不安は

  1. 昼の仕事にちゃんと就けるのかな・・
  2. 面接で前職を質問されたらどうしよう・・

などキャバクラや水商売のナイトワーク経験から転職になかなか踏み出せない女性も多くいらっしゃいます。

そんな方にはANE JOB(アネジョブ) をご紹介いたします。

ANE JOB(アネジョブ)とは?

ANE JOB

ANE JOB(アネジョブ)とはナイトワークで働く女性達の昼職への転職をサポートを行う事を目的としたサービスになります。

夜の仕事が長いと、昼職への転職したいというニーズが年々増加していきます。

実際に転職活動を行うとうまくいかずにナイトワークを続けてしまう女性も多く、一度ナイトワークを行ってしまうとなかなか抜け出す事ができません。

ナイトワークは大変な仕事で、長年続けることはできないと悩んでいる女性が多いことが現状です。

そんな女の子の悩みを解決するためにナイトワーク専門の求人サイトANE JOB(アネジョブ)がオープンしました。

  1. まだ大丈夫。
  2. まだ稼げる。
  3. 転職は考えていない。

などと思いっているかたも、実際に転職をしようと考えてもすぐに転職が成功する訳ではありません

転職を行うのなら早いうちに、お金に少しでも余裕があるうちに行いましょう。

ANE JOB(アネジョブ)の特徴

  • ☆ナイトワーク(キャバクラ・水商売)経験者歓迎の求人
  • ☆前職を隠す必要がない
  • ☆安定企業への転職(昼職)

☆ナイトワーク(キャバクラ・水商売)経験者歓迎の求人

ANE JOB(アネジョブ)はキャバクラナイトワーク経験者専用のため、企業もANE JOB(アネジョブ)に求人を掲載した時点で応募者がナイトワーク経験者ということは理解しています。

他の求人サイトから応募した場合は

  1. 「経歴をどのように書こう・・」
  2. 「面接で突っ込まれたらどうしよう・・

といった不安がありますが、ANE JOB(アネジョブ)経由の応募であれば一切そういった心配がありません。

☆前職を隠す必要がない

ANE JOB(アネジョブ)経由の応募では履歴書にキャバクラ経験を記載してもまったく問題ありません。職務経歴書にも実績として売上げなどを記載しても問題ありません。

履歴書や職務経歴書のみならず、面接のときにも堂々と回答できるのでおすすめです!

☆安定企業への転職(昼職)

ANE JOB(アネジョブ)はナイトワーク経験者専用の転職サイトですが、ナイトワーク関連の求人があるわけではありません。ごく一般的な企業の求人情報が掲載されています。

ANE JOB(アネジョブ)で募集している職種・業界

求人の中で圧倒的に多い職種がセラピストで、約半数を占めています。美容関連の仕事は人気が高く、続いて販売や営業職となっています。

ナイトワークという仕事がら、美容への意識が高い人が多く、資格が取得できたり自由度が高いことも美容職が人気の理由です。販売や営業職は、ナイトワークでのコミュニケーション能力がそのままいかせるので、転職するにはおすすめの仕事といえますね。

美容専門職系リフレクソロジー/セラピスト/アロマセラピストエステティシャン/ネイリスト
営業/企画広報/管理業務/マーケティング/企画/調査/販売促進/旅行企画/ルート営業/内勤営業/バイヤー/仕入れ業務
接客/販売アパレル/コスメ/化粧品/美容部員/飲食関連/レジャー/雑貨/コールセンター/カスタマーサポート/携帯販売/家電販売/ブライダルコーディネーター/ツアーコンダクター/フロント/レセプション/キャリアカウンセラー/派遣コーディネーター/受付/その他
管理/事務一般事務/総務/経理/人事/受付/秘書/その他(データ入力/オペレーターなど)
技術系クリエイティブ関連/制作進行管理/システムエンジニア/プログラマー
資格専門職系ホームヘルパー保育士/幼稚園教諭歯科衛生士/歯科技工士/歯科助手/ドライバー/タクシー運転手

ANE JOB(アネジョブ)がおすすめな人は?

こんな方におすすめ

  • ナイトワークを行った事のある全国の女性

主にナイトワークから昼間のお仕事に転職を考えている女性に向けてサービスを行っています。

ANE JOB(アネジョブ)利用者の評判・口コミ

マイナンバーで困っていましたが無事に転職できました。
H・Rさん/22歳
評価:          

これだけマイナンバー制度が騒がれている中、最近まで働いていたお店では何の発表もなくてボーイに聞いても『わからないから店長に聞いて』や店長に聞いても『そんなのほっとけばいいじゃん』などのアドバイスしかなく困っていました。

他のお店で働いている女の子に聞くと、ちゃんとマイナンバーの手続きをしているお店もあれば無いお店もありますが年齢的に今更お店をかえるのは大変なのでこの機会に昼職への転職を考えていました。お店の女の子に相談をしたら『こんなサイトがあるよ』とANEJOBのサイトを教えてくれてくれました。なんと転職活動を初めて2週間でエステティシャンのお仕事が決まりました!!

業界的に専門学校とか卒業していないと働けないイメージがあったのですがエステ業界未経験でも募集している求人などもあって2社ほど応募してみました。無事に1社内定を頂き3月から働くことになりました!!
研修は大変そうですが興味があった仕事だったのでうれしかったです!!
引用元:ANE JOB(アネジョブ)公式

夜のお仕事をしてしまうと履歴書に書けることが無いので助かります。
Yさん/28歳
評価:          

私は大学時代からバイトをしていて 就職難の影響もあり卒業後も夜のお仕事をしていました。今の年齢になり引退を考えて いるのですが職歴など履歴書に書くことが 無いので困っているところをANE JOBを見つけ先がみえてきました。
長年、 夜のお仕事をしてしまうと履歴書に書けることが無いので助かります。
引用元:ANE JOB(アネジョブ)公式

ANE JOB(アネジョブ)利用の流れ

ご利用の流れ
  1. 会員登録
  2. お仕事を検索して実際に応募する
  3. 面接・内定

会員登録

パソコンの場合は、ANE JOB(アネジョブ)公式赤い新規登録のボタンから行ってください。スマートフォンからでも登録できます

  1. 専用フォームにメールアドレスを入力して仮登録する
  2. 送られてきたメールの本登録URLを開いて必要事項を入力する
  3. 必須事項:氏名/フリガナ/ニックネーム/住所/メールアドレス/パスワード
  4. 任意事項:プロフィール画像/電話番号/携帯番号

以上で登録終了。個人情報は、企業に応募しない限り公開されることはありません。

ANE JOB(アネジョブ)公式内にある、求人募集の伏字だった住所や企業名が見られるようになります。上部のタブには、応募履歴・履歴書登録・メッセージボックスの項目が増えます。

お仕事を検索して実際に応募する

求人検索は、勤務地・職種別・勤務形態・給料の支払い方・特徴・フリーワードなどから検索できます。Wワークや服装自由、ネイル自由など、女性ならではの検索条件に合う職種もあります。

気になる求人が見つかり、応募したい場合は履歴書登録が必要です。上部タブの履歴書登録をクリックすると、履歴書作成ページになり、2ページに分かれて入力を進めていきます。

  1. 1ページ目
    必須事項:ラベル名/性別/生年月日/居住地/配偶者
    任意事項:最終学歴・卒業学校名/職務経歴/資格・免許・表彰
  2. 2ページ目
    必須事項:希望職種/希望勤務形態/現在の状況
    任意事項:希望就業時期/希望勤務地/転勤について/希望年収/希望条件/備考

セキュリティーの関係で、1ページ30分間以内に作成できないと、せっかく入力した内容が消えてしまいます。とりあえず必須項目を入力して保存しておき、時間がかかりそうな項目は、その都度保存するのがおすすめです。あらかじめ入力する内容を整理して、コピー&ペーストできるようにしておくと、作業がスムーズにすすみます。

実際に応募するのであれば、任意事項もしっかりと入力して、履歴書の内容を充実させましょう。

面接・内定

通常は、企業に応募すると書類選考が行われます。書類選考に通ると、面接ということになります。スカウトメールが届くと、書類選考や一次面接やが免除され、いきなり面接ということも考えられます。

一般の求人に応募するとなると、履歴書や面接で経歴をどうごまかそうか頭を悩ませてしまいますよね。ANE JOBでは、職務経歴や面接では、ナイトワークでの経験をいっさい隠す必要がありません。むしろ、営業力やコミュニケーション能力を、どんどんアピールすることで、内定へ近づくことができるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ANE JOB(アネジョブ)はキャバクラや水商売など、ナイトワーク経験者専用の転職サイトです。

ナイトワーク経験者が安心して昼職に就けるように特化しているため、企業に前職を隠す必要がありません。企業も前職を理解しておりますので、堂々と面接に望むことできます。

利用者の評判もよく、優良企業が多いためご興味のある方はまずは公式サイトをチェックすることをおすすめします。

SHARE
関連記事
Top