オーナーズブック(OwnersBook)の評判・口コミを徹底解説!日本初の不動産融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスを紹介

初回投稿日最終更新日

目次 [show]

投資型クラウドファンディングは近年登場してきた新しい仕組みです。簡単に言えば、Crowd(群衆)×Funding(資金調達)の造語で、一般的には特定のプロジェクトの起案者がインターネット上で不特定多数からお金を集める仕組みです。

投資型クラウドファンディングには3つの分類があります。

  1. 不動産投資型
    CREAL(クリアル)【利回りは低いが洗練された安全性の高いファンドを提供】
    FANTAS funding(ファンタス)【空き家再生と中古マンションの専門家が提供するファンド】
    SYLA FUNDING(シーラファンディング)【好立地の高品質デザインマンションに分散投資】
  2. 融資型(ソーシャルレンディング)
    LENDEX(レンデックス)【信頼性の高い担保設定を行いながら年利9%を実現】
    クラウドバンク【安全性・多様性・利回りのバランスが最も良い事業者】
    オーナーズブック(OwnersBook)【急がば回れの王道投資!不動産投資のプロ集団が提供】
    CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)【世の中の良くしたい人への応援と資産運用の両立】
    サムライ(SAMURAI)【仮想通貨マイニング案件などのユニークなファンドを提供】
  3. 株式投資型
    FUNDINNO(ファンディーノ)【非上場株式のベンチャー投資】

今回は、融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング) オーナーズブック(OwnersBook) についてご紹介します。

多くの方の不安は

  1. オーナーズブック(OwnersBook)ってどんな仕組みなの?
  2. オーナーズブック(OwnersBook)の評判ってどうなの?
  3. 投資家の口コミってどうなの?

などで、なかなか自分で決められない方も多くいらっしゃいます。

そんな方にはオーナーズブック(OwnersBook) の仕組みや、評判・口コミなどについてまとめています。

オーナーズブック(OwnersBook)とは?

OwnersBook

オーナーズブック(OwnersBook)は、ロードスターキャピタル株式会社が運営する融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスです。

サービスの提供を開始した2014年9月より、現在(2019年12月)まで累計の投資額は148億円を突破しました。また、登録ユーザー数も約30,000名となっています。

オーナーズブック(OwnersBook)の実績利回りは4.1%~14.6%(年換算)となっています。 しかし、二桁の利回りを達成したのは、いずれも物件の売却益が発生したケースです。 平均的には2.0%~6.0%(年換算)の利回りとなった案件が多く、他のソーシャルレンディングサービスと比べると必ずしもハイリターンというわけではありません。 それは、オーナーズブック(OwnersBook)がサービス開始時より投資家の皆さんのリスクを可能な限り低くすることを第一に考えてきたことの表れともいえるでしょう。

また、全案件に不動産担保を設定しており、万が一事業者が返済ができない最悪の場合でも、担保物件を売却することで投資家に損失が出にくいという点も評価ポイントです。

オーナーズブック(OwnersBook)の仕組み

オーナーズブック(OwnersBook)の仕組みは下記になります。

案件応募

それぞれ案件の特性・利回り等を考慮し、またリスク許容度に応じて、個人投資家が自らそれぞれの案件に応募します。

オーナーズブック(OwnersBook)

個別案件に投資実行

ロードスターファンディングが個人投資家から集まった資金を1つにして、不動産への投資又は貸付等を行います。

オーナーズブック(OwnersBook)

配当・リターン・返済等

ファンド終了時に事業者から返済された資金を、個人投資家の口座に分配します。

オーナーズブック(OwnersBook)

オーナーズブック(OwnersBook)の特徴

  • ☆日本で初めての不動産特化型クラウドファンディングサービス
  • ☆運営会社が上場企業
  • ☆1万円からの少額投資が可能
  • ☆全案件に不動産担保を設定
  • ☆サービス開始より全ての案件で満額成立している
  • ☆年利回り2.0%~6.0%
  • ☆会員登録、口座開設、口座維持手数料無料

☆日本で初めての不動産特化型クラウドファンディングサービス

オーナーズブック(OwnersBook)は2014年9月に日本で初めて不動産に特化したクラウドファンディングとしてスタートしました。PCやスマホ、アプリで少額から投資可能で、手軽でありながら全ての案件を不動産鑑定士等不動産のプロが厳選しています。投資家の信頼を得て、会員数・累計投資額ともに順調に成長を続けています。

☆運営会社が上場企業

運営会社のロードスターキャピタル株式会社は東証マザーズ市場に上場している企業です。
上場企業は財務状況等も開示しなくてはいけないので、会社の透明性は非常に高いです。

☆1万円からの少額投資が可能

オーナーズブック(OwnersBook)は、1万円の少額から始められます!少額で投資できるのでまず試しに始めてみたいといった方にもおすすめです!

☆全案件に不動産担保を設定

リスクを抑えるために全案件に不動産担保を設定します。万が一事業者が返済ができない最悪の場合でも、担保物件を売却することで元本を回収することができます。

また、オーナーズブック(OwnersBook)の査定価格の80%を上限にファンドを組成することで、担保不動産の価値の下落幅が20%までであれば元本割れが起こらない仕組みとなっています。

☆サービス開始より全ての案件で満額成立している

オーナーズブック(OwnersBook)はソーシャルレンディングの中でも人気が高いので、サービス開始より全ての案件で満額成立しています。

☆年利回り2.0%~6.0%

オーナーズブック(OwnersBook)の利回り(年換算)は2.0%~6.0%で、業界の中では利回りが低い分類となりますが、投資家の皆さんにとってのリスクとリターンのバランスを考え、継続的に事業を行うことができる水準を検討した結果になります。

☆会員登録、口座開設、口座維持手数料無料

オーナーズブック(OwnersBook)では、会員登録手数料・口座開設手数料・口座維持管理手数料・案件申込手数料などはすべて無料となっています。一方、払い戻し手数料と投資口座への振込手数料は顧客負担となっています。

オーナーズブック(OwnersBook)のメリット

  • ☆貸し倒れ(元本割れ)・延滞実績はゼロ
  • ☆会員限定SNSがある
  • ☆少人数制のセミナーが充実
  • ☆物件のリスクが見えやすい
  • ☆一部のファンドで抽選方式を採用

☆貸し倒れ(元本割れ)・延滞実績はゼロ

オーナーズブック(OwnersBook)はサービスの提供を開始した2014年9月より、現時点(2019年12月)ですでに170以上の案件・148億円超を募集を成立させており、遅延や元本割れなども0件という実績があります。

☆会員限定SNSがある

オーナーズブック(OwnersBook)には、会員限定のSNSが用意されています。
投資家同士で「メッセージのやりとり」や「友達リクエスト」が可能です。

☆少人数制のセミナーが充実

オーナーズブック(OwnersBook)では、毎月ロードスターキャピタル株式会社の概要説明や、オーナーズブックの概要説明などのセミナーを行っています。定員になった時点で受付が終了になるものがほとんどなので、参加したい方は公式サイトで常に情報をチェックしておきましょう。

☆物件のリスクが見えやすい

オーナーズブック(OwnersBook)

オーナーズブック(OwnersBook)では、案件毎に「ロケーション」「稼働率単位」「スポンサー クレジット」などのリスクが明確に記されています。
「緑」が多ければ、比較的リスクが少ない不動産になっています。

☆一部のファンドで抽選方式を採用

2019年の8月から一部のファンドで抽選方式導入で投資しやすくなります。

抽選方式は、応募した人の中から事業者が抽選で投資できる人を決める方式です。
多くの人に平等な機会を提供できる点が特徴です。

オーナーズブック(OwnersBook)のデメリット

  • ☆流動性が低い
  • ☆利回りが低い
  • ☆払い戻し手数料は投資家負担

☆流動性が低い

オーナーズブック(OwnersBook)のファンドは途中解約ができません。

募集時に運用期間が12カ月と書かれていれば、12カ月が経過するまで途中解約できず、投資元本を取り戻すことができません。(早期償還のイレギュラーなケースを除く)

☆利回りが低い

オーナーズブック(OwnersBook)では、通常2.0%~6.0%の利回りは決して高いとは言えません。他のソーシャルレンディング業者は7%以上というファンドもあります。
しかし、リスクを抑えるという点はオーナーズブック(OwnersBook)の強みですね。

☆払い戻し手数料は投資家負担

払い戻しの際の事務手数料は、一律、300円(消費税別)となっています。

オーナーズブック(OwnersBook)がおすすめな人は?

オーナーズブック(OwnersBook)は、以下のような人に、おすすめです。

こんな方におすすめ

  • オーナーズブック(OwnersBook)の利用を考えている方
  • 利益面より投資案件や営業者の信頼性、安全性を重視している方
  • 小額から投資をしてみたい方
  • 投資家同士のコミュニケーションを取りたい方

オーナーズブック(OwnersBook)利用者の評判・口コミ

口座開設の手続きが簡単
30代 会社員

NISAやiDeCoなどの情報を耳にする機会が増えて、何か始めなくてはと思いつつも知識を身に着けるのが結構大変です。その点、ソーシャルレンディングは利回りで銀行の定期などでも馴染みがあるのでイメージしやすいです。また、口座開設の手続きが簡単だったのも始めやすかったです。
引用元:オーナーズブック(OwnersBook)公式

リスクについての表示がわかりやすくて安心
40代 パート

投資し始めたばかりなのでまだよくわからないですが、投資対象が比較的イメージしやすい不動産であることと、リスクについての表示がわかりやすくて安心感があります。
引用元:オーナーズブック(OwnersBook)公式

元本割れのリスクが低い
30代 会社員

まだ始めたばかりで手探りですが、元本割れのリスクはあるものの株のように変動が激しくないのである程度先を見通せて安心感はある。
引用元:オーナーズブック(OwnersBook)公式

オーナーズブック(OwnersBook)利用の流れ

オーナーズブック(OwnersBook)を利用して投資家登録の流れは下記になります。

ご利用の流れ
  1. まずは簡単手続きで仮会員登録
  2. 仮会員登録完了メール記載のURLをクリック
  3. いざ投資!の前に投資家登録&口座開設
  4. 審査通過後、本人所在確認ハガキ(簡易書留)受領
  5. ご入金手続き(投資用資金の入金)
  6. さぁ、不動産投資スタート!

まずは簡単手続きで仮会員登録

まずは、オーナーズブック(OwnersBook)公式サイトから「無料で投資家登録する」ボタンを選択し、メールアドレスかFacebook、もしくはYahoo! JAPAN IDで登録をします。

登録するとメールアドレスに「仮会員登録完了メール」が送られてきます。

仮会員登録完了メール記載のURLをクリック

登録されたメールアドレスに届いた確認メール内にある「会員メールアドレス確認専用URL」の項目に記載されたURLをクリックし、必要事項を入力すると、一般会員への登録は完了します。

いざ投資!の前に投資家登録&口座開設

ログイン後トップページの「投資家申請」をクリックし、投資家申請画面に沿って必要事項を入力して、運転免許証などの「本人確認資料」を提出をすれば、投資家申請は完了します。

審査通過後、本人所在確認ハガキ(簡易書留)受領

投資家申請後、オーナーズブック(OwnersBook)側での審査が完了次第、登録した住所に簡易書留で「ハガキ」が郵送されてきます。

そちらのハガキを受領したことをオーナーズブック(OwnersBook)側で確認ができ次第、登録手続きは完了です。

ご入金手続き(投資用資金の入金)

続いて、オーナーズブック(OwnersBook)の案件に投資するためには、 実際にオーナーズブック(OwnersBook)の口座に入金をして、投資準備をする必要があります。

さぁ、不動産投資スタート!

その後、気に入った投資案件を選んで投資すれば、オーナーズブック(OwnersBook)への投資は完了します。

まとめ

オーナーズブック(OwnersBook)は、ロードスターキャピタル株式会社が運営する融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスです。

1万円から投資ができ、かつ貸し倒れ(元本割れ)・延滞実績がないのは大きなメリットです。

リスク分析もある、さらには上場企業など、透明性、信用度も高いサービスなので、気になった方は一度チェックしてみてくださいね!

SHARE
関連記事
Top