FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミを徹底解説!日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスを紹介

初回投稿日最終更新日

目次 [show]

投資型クラウドファンディングは近年登場してきた新しい仕組みです。簡単に言えば、Crowd(群衆)×Funding(資金調達)の造語で、一般的には特定のプロジェクトの起案者がインターネット上で不特定多数からお金を集める仕組みです。

投資型クラウドファンディングには3つの分類があります。

  1. 不動産投資型
    CREAL(クリアル)【利回りは低いが洗練された安全性の高いファンドを提供】
    FANTAS funding(ファンタス)【空き家再生と中古マンションの専門家が提供するファンド】
    SYLA FUNDING(シーラファンディング)【好立地の高品質デザインマンションに分散投資】
  2. 融資型(ソーシャルレンディング)
    LENDEX(レンデックス)【信頼性の高い担保設定を行いながら年利9%を実現】
    クラウドバンク【安全性・多様性・利回りのバランスが最も良い事業者】
    オーナーズブック(OwnersBook)【急がば回れの王道投資!不動産投資のプロ集団が提供】
    CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)【世の中の良くしたい人への応援と資産運用の両立】
    サムライ(SAMURAI)【仮想通貨マイニング案件などのユニークなファンドを提供】
  3. 株式投資型
    FUNDINNO(ファンディーノ)【非上場株式のベンチャー投資】

今回は、株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO(ファンディーノ) について紹介します。

多くの方の不安は

  1. FUNDINNO(ファンディーノ)ってどんな仕組みなの?
  2. FUNDINNO(ファンディーノ)の評判ってどうなの?
  3. 投資家の口コミってどうなの?

などで、なかなか自分で決められない方も多くいらっしゃいます。

そんな方にはFUNDINNO(ファンディーノ) の仕組みや、評判・口コミなどについてまとめています。

FUNDINNO(ファンディーノ)とは?

FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)は、株式会社日本クラウドキャピタルが運営する日本初の株式型クラウドファンディングサービスです。

サービスの提供を開始した2017年4月より、現在(2019年12月)まで累計成約額24億円を突破しました。また、登録ユーザー数も約1.9万人となり、取引量は国内NO.1を誇っています。

FUNDINNO(ファンディーノ)は、店頭有価証券の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みのことです。

この仕組みを活用することで、投資家はオンライン上から未上場のベンチャー企業に投資をすることができます。

FUNDINNO(ファンディーノ)の仕組み

FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)は、店頭有価証券の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みのことです。

1社あたりの年間募集金額の上限は 100,000,000円未満、投資家の1社に対する年間投資上限金額を 500,000円として、株式の発行による資金調達を可能にした新しいプラットフォームサービスです。

FUNDINNO(ファンディーノ)の特徴

  • ☆多くの案件にプロの投資家も投資している
  • ☆資金調達後の企業フォロー
  • ☆応募企業の厳正な審査
  • ☆エンジェル税制

☆多くの案件にプロの投資家も投資している

FUNDINNO(ファンディーノ)で投資できる案件の中には、プロの投資家が、実際に投資している案件も、数多く存在するそうです。

FUNDINNO(ファンディーノ)では金商法で定められた項目を中心に厳正な審査が行われ選別された魅力ある企業が掲載されています。

☆資金調達後の企業フォロー

事業計画の作成や実績管理のサポート、ファイナンスのサポートとして追加の資金調達の提案などを行っています。また、ビジネスマッチングや、エグゼクティブ人材・技術者等の紹介なども個別にフォローアップを行っています。そして株主向けに、その会社が定期的に情報を発信していけるようなサポートも行っています。

☆応募企業の厳正な審査

個人投資家保護の観点から詳細な調査とリスクの洗い出しを行うなど厳正な審査を行っています。サービスや技術の将来性があるか、革新性があるか、独自性があるか等について、明確な方針に基づいて行われます。審査過程は、公認会計士・弁護士・税理士等の有識者を中心としたチームで行い、また、審査会議においては多数決ではなく、審査員全員一致でなければ通過できないという大変厳しい審査を行っています。

☆エンジェル税制

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進するためにベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇を行う制度です。

FUNDINNO(ファンディーノ)でご紹介するベンチャー企業の中で、エンジェル税制の対象となる企業に投資した際には、投資した金額に応じて所得税の優遇措置が受けられます。

FUNDINNO(ファンディーノ)でご紹介する企業がすべてエンジェル税制の対象となる訳ではありません。

FUNDINNO(ファンディーノ)のメリット

  • ☆取次手数料が無料
  • ☆少額から投資ができる
  • ☆投資先企業のIPO・M&Aで大きなリターンを得られる

☆取次手数料が無料

FUNDINNO(ファンディーノ)での株式の購入にかかる費用は、株式の発行価格と銀行振込手数料のみです。

余計な手数料を払う必要はありません。

☆少額から投資ができる

10万円~投資可能です!

FUNDINNO(ファンディーノ)での企業への投資は、少額での投資ができることが魅力的です。

少額の投資で様々な企業を応援したい投資家にとっては、とても手軽な案件から手掛けられるというメリットがあるでしょう。

☆投資先企業のIPO・M&Aで大きなリターンを得られる

FUNDINNO(ファンディーノ)での投資によって、投資先企業が将来的に大きく成長できれば、IPOやM&A(合併・買収)になる可能性も十分あり得ます。

そうなると、出資金額の何倍以上ものリターンが得られる可能性という大きなメリットが感じられます。

FUNDINNO(ファンディーノ)のデメリット

  • ☆流動性が低い
  • ☆倒産リスク
  • ☆投資家審査が通りづらい

☆流動性が低い

最大のデメリットは流動性が低いということです。

非上場株式なので、その株式を売ろうとしても、東京証券取引所のように売るマーケットがあるわけではありません。

そのため、換金したい場合は株主総会の承認を受けてかつ限定された投資グループの中だけでの売買になります。

お金が必要なときにすぐ現金化できないので、当面使う予定のないお金で投資することが大切です

☆倒産リスク

国内の証券会社には投資者保護基金への加入義務があり、証券会社の破綻によって顧客財産が被害を受けた場合は、投資者保護基金が顧客1人につき1,000万円まで補償してくれます。

FUNDINNO(ファンディーノ)を運営する株式会社日本クラウドキャピタルは日本投資者保護基金に加入していません。

そのため、FUNDINNO(ファンディーノ)で投資した資金については、投資者保護基金の補償は受けられないので注意が必要です。

☆投資家審査が通りづらい

ベンチャー企業への投資はそれなりにリスクがあるので、以下の条件に該当すると投資家登録ができません。

  1. 1年以上株式売買などの経験がない方
  2. 金融資産が300万円以下の方
  3. 満20歳未満、及び満80歳以上の方
  4. お金を借りて投資しようとしている方

1年以上の投資経験があって、金融資産も300万円以上ないと投資できないということで、ハードルはすこし高めですね。

FUNDINNO(ファンディーノ)がおすすめな人は?

FUNDINNO(ファンディーノ)は、以下のような人に、おすすめです。

こんな方におすすめ

  • FUNDINNO(ファンディーノ)の利用を考えている方
  • ベンチャー企業に投資したい方
  • エンジェル投資を行いたい方
  • 大きなリターンを狙った投資がしてみたい方

FUNDINNO(ファンディーノ)利用者の評判・口コミ

これでエンジェル投資家への道が開けた!と感動したのを覚えています。
エンジェル投資家:鈴木様(仮名)

敷かれた路線を歩んでいる人、自分探しをずっとしている人が多い中、発行者もFUNDINNOさんもビジョン、理念があります。「こう世の中変えたいから、こうやる」という強い思いをひしひしと感じます。発行体⇔FUNDINNO⇔エンジェル投資家間のトライアングルのコミュニケーションを活発化することで可能になることもあると思うので、そういうオープンなシステムを築いてほしいですね。シェアオフィスとかもやられて、FUNDINNOさんの発行体やエンジェル投資家が気軽に集まれるような場を作られても面白いのではないでしょうか?
私は、エンジェル投資家として、投資させて頂いたスタートアップは、最後の最後までサポートするという気持ちでいますので、経営者やFUNDINNOの方は気軽になんでも相談してください。
引用元:FUNDINNO(ファンディーノ)公式

最適なポートフォリオを組んだからこその未公開株投資「日本人として日本の企業を応援したい」
エンジェル投資家:黒田様(仮名)

FUNDINNOはとても素晴らしいサービスであるにも関わらず、認知度がまだまだ高くないので、活動の幅を広げて認知を上げていくといいと思います。私が一番ビジョンに共感出来る企業は実はFUNDINNOをサービス提供されている日本クラウドキャピタルさんですので、ぜひ出資させていただく機会があればと思います。
引用元:FUNDINNO(ファンディーノ)公式

FUNDINNO(ファンディーノ)利用の流れ

FUNDINNO(ファンディーノ)を利用して投資家登録から投資申込までの流れは下記になります。

ご利用の流れ
  1. 投資家登録申請
  2. 登録内容の審査およびアクティベートコードの送付
  3. アクティベートコードの入力
  4. 案件への投資申込

投資家登録申請

まずは、FUNDINNO(ファンディーノ)公式サイトにアクセスして、無料投資家登録を行います。

投資家申請(口座開設申し込み)が完了すると、2〜3営業日程度で、審査結果が登録したメールアドレスに送られてきます。

登録内容の審査およびアクティベートコードの送付

入力したデータと本人確認書類との照合を行います。審査に合格できれば、記入した住所宛にアクティベートコードが届きます。

アクティベートコードの入力

アクティベートコードは同封された手順にしたがって入力してください。入力が完了すると、投資家登録は終了となります。

案件への投資申込

投資家登録が完了すると、募集中の案件へ投資申込みが可能となります。

まとめ

FUNDINNO(ファンディーノ)は、株式会社日本クラウドキャピタルが運営する日本初の株式型クラウドファンディングサービスです。

未上場企業への投資は上場企業に比べてリスクが高い投資ですが、投資先企業のIPOやM&Aによって大きなリターンが期待できます。

エンジェル税制の対象企業へ投資を行えば、節税対策にもなります。

エンジェル投資を行いたい方や、ベンチャー企業に投資したい方にはとってもオススメのサービスです。

SHARE
関連記事
Top