DIVE INTO CODE(ダイブ イントゥ コード)の評判・口コミを徹底解説!未経験からプロのエンジニアになるためのエンジニアスクールを紹介

初回投稿日最終更新日

目次 [show]

「プログラミングを学びたいけど、どこがいいのかな?」と考えている方が多いのではないでしょうか。

運営体制がしっかりしているプログラミングスクールがいくつかあります。知名度があって安心して使えます。

  1. TECH::EXPERT(エンジニアクラス)【10週間で一番スキルが身につく】
  2. TECH::EXPERT (デザインクラス)【10週間で一番スキルが身につく】
  3. DIVE INTO CODE【一番スキルアップが可能】
  4. DMM WEBCAMP(旧:WEBCAMP PRO)【就職サポートが手厚い】
  5. クリプテックアカデミア【大学生限定】
  6. 侍エンジニア塾【マンツーマンでいきなりフリーランスも可能】
  7. TECH BOOST【最先端技術が身につく】

今回は、プログラミングスクール DIVE INTO CODE について紹介します。

多くの方の不安は

  1. DIVE INTO CODEの評判ってどうなの?
  2. 受講生の口コミってどうなの?
  3. DIVE INTO CODEってどんなスクール?

などで、なかなか自分で決められない方も多くいらっしゃいます。

そんな方にはDIVE INTO CODE の評判や口コミなどについてまとめています

DIVE INTO CODEとは?

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE」は、プロのスタートラインに立つことを目的に、学ぶべき順序で設計されたカリキュラムと学びあう仲間がいるプログラミングスクールです。「プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる」をビジョンに掲げて、優秀なエンジニアを多数育成しています。

要はエンジニアになるためのキャリアのトータルサポートをしている企業なんですね。DIVE INTO CODEではプログラミング学習〜エンジニアの就職/転職/独立まで全て一貫してノウハウを持っています。ですから、未経験からでも安心して利用できるスクールです。

DIVE INTO CODEは通学とオンラインの両方に対応しています。

DIVE INTO CODEでは、Webエンジニアコースと機械学習エンジニアコースを用意しています。今技術的にも熱い機械学習を学べるプログラミングスクールはあまりないので貴重ですね。

DIVE INTO CODEの特徴

  • ☆仲間と学ぶプログラミングスクール
  • ☆問題解決能力の習得にフォーカス
  • ☆卒業後も続くコミュニティ
  • ☆転職・就職を成功に導く手厚いキャリアサポート

☆仲間と学ぶプログラミングスクール

1人ではなく仲間と学ぶ環境です。同期生やメンターと一緒に問題を考え、切磋琢磨しています。互いに学び合うことでモチベーションが維持され、気づきも多く得られます。

☆問題解決能力の習得にフォーカス

学んだことを振り返る仕組みとして、KPT(Keep,Problem,Try)を用いています。エンジニアがよく使う考え方です。圧倒的に成長するために、学習期間中に毎日全員で思考の訓練をしています。問題解決能力を身に付け、自分で振り返りができる状態になることを目指しています。

☆卒業後も続くコミュニティ

様々なイベントや懇親会、DEMODAY(実務経験1年未満の駆け出しエンジニア向けイベント)などに卒業後も参加できます。DEMODAYは他スクールの方も参加可能です。今の社会は、機会がなくて先のステップに進めない人が多いと感じています。だからチャンスさえ作ればみんな希望を持つことができると考え、取り組んでいます。

☆転職・就職を成功に導く手厚いキャリアサポート

卒業後は、DIVE INTO CODEが提携しているリクルーティングパートナーによる企業の説明会や、同スクールのキャリアドバイザーによる相談会、職務経歴書の添削など、さまざまな就職・転職支援を受けられます。

また、卒業生による開発サービス「SECONDTEAM(セカンドチーム)」で実務経験を得ることも可能です。SECONDTEAMとは、新規事業の開発案件を受託し、卒業生に実務経験の機会を付与するサービスのことを指します。すぐにエンジニアとして就職することに不安を感じる方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

DIVE INTO CODEのコース

DIVE INTO CODEには、

  • Webエンジニアコース(就職達成プログラム)
  • Webエンジニアコース(新規事業創造プログラム)
  • Webエンジニアコース(ベーシックプログラム)
  • オンラインコース
  • 機械学習エンジニアコース

が用意されています。

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)

「本気でWebエンジニアになりたい」という方におすすめなのが、Webエンジニアコース(就業達成プログラム)です。このコースでは、プログラミングの基礎、現場で使われるツールや開発サイクルなどを学び、エンジニアとして就業することを目指します。

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)は、4ヶ月間フルタイムで学習する、または10ヶ月間平日夜と土日で学習するパートタイムのいずれかの学習形態を選択できます。

フルタイム(4ヶ月)

授業時間

10:00-10:15朝礼・今日のワークテーマ確認
10:15-13:00自習
13:00-14:00昼食・自由時間
14:00-18:00プログラミング・ワークショップ
18:00-19:00終礼、振り返り(KPT)
19:00-22:00(自宅学習)自習・テキスト予習

オンライン質問・課題サポート

  1. 全営業日 10:00-21:30

カリキュラム・ワーク実施

  1. 月曜〜金曜:10:00-19:00(東京校)
    ※上記時間帯以外の自習室の使用はパートタイム生優先となります。空きがあればご利用いただけます。

※フルタイムの場合のみ、入校前に事前テストが必要です。

事前テストに合格するためには、以下の教材を修了できる程度のレベルが必要です。

  1. Ruby 基礎
    progate Ruby Iまで(日本語・無料)
  2. プログラミング基礎
    paiza Dランク練習問題(SQLの問題を除く)(日本語・無料)

パートタイム(10ヶ月)

授業時間

10:00-12:00授業、グループワーク
12:00-13:00同期と昼食
13:00-19:00自習室で学習

オンライン質問・課題サポート

  1. 全営業日 10:00-21:30

自習室解放・対面質問

  1. 木曜を除く平日:19:00-22:00(東京校)
    土日祝日:10:00-22:00(東京校)
    ※土日のいずれかに隔週で授業があります。(東京校)

※パートタイムの場合はオンライン受講も可能です。

おすすめの教材

入校後、挫折せずにスムーズに学習を進めていくために、以下の教材であらかじめ予習を進めておくことを強くお勧めします。(事前テストには関係ありません)

  1. HTML/CSS 基礎
    progate HTML & CSS 初級編まで(日本語・無料)
  2. JavaScript 基礎
    progate JavaScript Ⅰまで(日本語・無料)
    progate jQuery 初級編まで(日本語・無料)
  3. Ruby/Ruby on Rails 基礎
    progate Ruby on Rails5 Ⅰまで(日本語・無料)
    progate Ruby on Rails5 Ⅱまで(日本語・無料)
    プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで (著: 伊藤 淳一)
    たった1日で基本が身に付く! Ruby on Rails 超入門(著: 竹馬 力、 監修: 山田 祥寛)
  4. プログラミング基礎
    paiza Cランク練習問題(日本語・無料)
    「アルゴリズム」のキホン プログラミングの基礎となる「アルゴリズム」の手引き書 (イチバンやさしい理工系)(著: 杉浦 賢)

言語やツール

Webエンジニアコース(就業達成プログラム)で学べる言語やツールは以下の通りです。

  1. 入門Term(プログラミングの基礎を学ぶ)
    HTML・CSSシリーズ
    Rubyシリーズ
    Git/GitHubシリーズ
    RDBMS / SQLシリーズ
    JavaScriptシリーズ
    Web技術入門シリーズ
  2. 基礎Term(アプリケーション作成)
    Ruby on Rails入門シリーズ
    ActiveRecord入門シリーズ
    Heroku入門シリーズ
    ローカル環境構築シリーズ
    Ruby on Rails基礎シリーズ
    チューニング(ログインシステム/セキュリティ/アソシエーション/Action Mailer/画像アップロード/Active Recordなど)
  3. 就職Term(現場で使われるツールや開発サイクルを経験)
    実技研修シリーズ(受託会社入社課題・研修課題)
    Web技術実践シリーズ
    Vue.jsシリーズ
    AWS環境構築シリーズ
    ソースコードリーディングシリーズ
    模擬案件チーム開発シリーズ(Ansible/Rubocop/Redis/bugsnag/バッチ処理)
    卒業課題・オリジナルアプリケーション開発

無料でカウンセリングなども行なっていますので、まずはカウンセリングの中で自分とあっているかどうかを見極めていってはいかがでしょうか。

Webエンジニアコース(新規事業創造プログラム)

「新規事業を立ち上げたい」という方におすすめなのが、Webエンジニアコースの新規事業創造プログラムです。このコースではアイデアの企画や検証、改善する能力と、Webアプリケーションを開発するスキルを身につけ、さらに開発したアプリケーションを発表し、事業化を目指すことも可能です。

Webエンジニアコース(新規事業創造プログラム) は、10ヶ月間平日夜と土日祝で学ぶパートタイムコースです。

パートタイム(10ヶ月)

授業時間

10:00-12:00授業・グループディスカッション
12:00-13:00昼食
13:00-19:00自習

オンライン質問・課題サポート

  1. 全営業日 10:00-21:30

自習室解放・対面質問

  1. 木曜を除く平日:19:00-22:00(東京校)
    土日祝日:10:00-22:00(東京校)
    ※土日のいずれかに隔週で授業があります。(東京校)

※パートタイムの場合はオンライン受講も可能です。

おすすめの教材

入校後、挫折せずにスムーズに学習を進めていくために、以下の教材であらかじめ予習を進めておくことを強くお勧めします。

  1. HTML/CSS 基礎
    progate HTML & CSS 初級編まで(日本語・無料)
  2. JavaScript 基礎
    progate JavaScript Ⅰまで(日本語・無料)
    progate jQuery 初級編まで(日本語・無料)
  3. Ruby/Ruby on Rails 基礎
    progate Ruby on Rails5 Ⅰまで(日本語・無料)
    progate Ruby on Rails5 Ⅱまで(日本語・無料)
    プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで (著: 伊藤 淳一)
    たった1日で基本が身に付く! Ruby on Rails 超入門(著: 竹馬 力、 監修: 山田 祥寛)
  4. プログラミング基礎
    paiza Cランク練習問題(日本語・無料)
    「アルゴリズム」のキホン プログラミングの基礎となる「アルゴリズム」の手引き書 (イチバンやさしい理工系)(著: 杉浦 賢)

言語やツール

Webエンジニアコース(新規事業創造プログラム)で学べる言語やツールは以下の通りです。

  1. 入門Term(プログラミングの基礎を学ぶ)
    HTML・CSSシリーズ
    Rubyシリーズ
    Git/GitHubシリーズ
    RDBMS / SQLシリーズ
    JavaScriptシリーズ
    Web技術入門シリーズ
  2. 基礎Term(アプリケーション作成)
    Ruby on Rails入門シリーズ
    ActiveRecord入門シリーズ
    Heroku入門シリーズ
    ローカル環境構築シリーズ
    Ruby on Rails基礎シリーズ
    チューニング(ログインシステム/セキュリティ/アソシエーション/Action Mailer/画像アップロード/Active Recordなど)
  3. 開発Term(オリジナルアプリケーション)
    要件定義シリーズ
    テーブル定義シリーズ
    ER図シリーズ
    画面遷移図シリーズ
    ワイヤーフレームシリーズ
    ユーザーヒアリングシリーズ
    プレゼンテーションシリーズ
    コードレビューシリーズ
    卒業課題・DEMODAY発表

無料でカウンセリングなども行なっていますので、まずはカウンセリングの中で自分とあっているかどうかを見極めていってはいかがでしょうか。

Webエンジニアコース(ベーシックプログラム)

このコースは「就職達成プログラム」と「新規事業創造プログラム」の共通Term(入門Term、基礎Term)だけを6ヶ月間パートタイムで学ぶプランです。

オンラインコース

遠方の方、東京校への通学が難しい方のために、オンライン完結で受講できるコースを用意しています。(Webエンジニアコースに限ります

現在、オンライン受講可能なコースは下記2コースとなります。

  1. Webエンジニアコース-新規事業創造プログラム(パートタイム)
  2. Webエンジニアコース-就職達成プログラム(パートタイム)

機械学習エンジニアコース

「将来、機械学習エンジニアになりたい」方におすすめのプログラミングコースです。このコースでは、4ヶ月で最先端の機械学習エンジニアになることを目的としています。

プログラムは「Sprint」という2日間単位のサイクルを繰り返して進めて行きます。

Sprint1日目

授業時間

10:00-11:00Session
ライブコーディング課題発表/ペア決定
11:00-13:00ペアプログラミング
13:00-14:00昼食・自由時間
14:00-18:00ペアプログラミング
18:30-19:00Session
質問・ヒント・まとめ
19:00-22:00(オプション)自習
次回Sprintのためのテキスト学習

木曜以外 10:00~19:00

Sprint2日目

授業時間

10:00-10:30Session
課題・ヒント・質問
10:30-13:00ペアプログラミング
13:00-14:00昼食・自由時間
14:00-18:00ペアプログラミング
18:30-19:00Session
発表・コードレビュー・質問
19:00-22:00(オプション)自習
次回Sprintのためのテキスト学習

※入校前に事前テストが必要です。

おすすめの教材

事前テストに合格するためには、以下の教材を修了できる程度のレベルが必要です。

  1. Python 基礎(※いずれかをお選びください)
    PyQ Pythonはじめの一歩まで
    progate Python Ⅲまで(日本語・有料)
    paiza Python入門4まで(日本語・無料)
  2. Python 標準(※いずれかをお選びください)
    PyQ Python初級まで
    Udacity Intro to Computer Science Lesson4まで(英語・日本語字幕・無料)
  3. Python 演習(※いずれかをお選びください)
    PyQ Python中級まで
    paiza ランクCまで(日本語 無料)
    coding bat Logic-2まで(英語・無料)
  4. 線形代数入門
    ディープラーニングのための線形代数入門:一般的演算の初学者向けガイド

入校後、挫折せずにスムーズに学習を進めていくために、以下の教材であらかじめ予習を進めておくことを強くお勧めします。(事前テストには関係ありません)

  1. 数学
    線形代数
    微分積分
  2. データサイエンスツール
    Jupyter Notebook
    Pandas
    Numpy
    Matplotlib(Seaborn)
    Kaggle EDA
  3. 機械学習基礎
    機械学習概要
    線形回帰
    重回帰
    検証
    過学習/正則化
    前処理
    オープンデータセット演習
    Sklearn

言語やツール

機械学習エンジニアコースで学べる言語やツールは以下の通りです。

  1. Term1(MachineLearning)
    機械学習(教師あり学習/教師なし学習)
    機械学習周辺知識(Kaggle/API/クラウド(Azure,AWS,GCP)/DB/SQL)
  2. Term2(DeepLearning)
    DL(DNN/CNN/RNN)
    DLの適用(画像認識入門(DL)/自然言語処理入門(DL))
    DL周辺知識(GPUでの学習/論文再実装/Kaggle演習)
  3. Term3(EngineerProject)
    SQL/BigQuery
    機械学習パイプラインの構築
    機械学習アプリケーションの理解(API/DB、システム設計、ログ設計、モニタリング)

無料でカウンセリングなども行なっていますので、まずはカウンセリングの中で自分とあっているかどうかを見極めていってはいかがでしょうか。

 

コース比較表

 フルタイム(通学)パートタイム(通学)パートタイム(オンライン)
Webエンジニア
就職達成プログラム
Webエンジニア
新規事業創造プログラム
×
Webエンジニア
ベーシックプログラム
×
機械学習エンジニアコース××

DIVE INTO CODEの料金

Webエンジニアコース(就職達成プログラム)

このコースの料金は

  1. 入学金 ¥100,000 (税込)
  2. コース料金 ¥547,800 (税込)

となります。

隔月払いが可能で、

  1. フルタイムの場合
    初回:373,900円(税込)(入学金 100,000円(税込) + 初回分割料金 273,900円(税込))
    2回目:273,900円(税込)
  2. パートタイムの場合
    初回:209,560円(税込)(入学金 100,000円(税込) + 初回分割料金 109,560円(税込))
    2~5回目:109,560円(税込)

で受講することができます。一括払いが難しくても、気軽に始めることができます。

隔月払いは分割手数料が5%発生します。

Webエンジニアコース(新規事業創造プログラム)

このコースの料金は

  1. 入学金 ¥100,000 (税込)
  2. コース料金 ¥547,800 (税込)

となります。

隔月払いが可能で、

  1. 初回:209,560円(税込)(入学金 100,000円(税込) + 初回分割料金 109,560円(税込))
  2. 2~5回目:109,560円(税込)

で受講することができます。一括払いが難しくても、気軽に始めることができます。

隔月払いは分割手数料が5%発生します。

Webエンジニアコース(ベーシックプログラム)

このコースの料金は

  1. 入学金 ¥100,000 (税込)
  2. コース料金 ¥327,800 (税込)

となります。

隔月払いが可能で、

  1. 初回:209,266円(税込)(入学金 100,000円(税込) + 初回分割料金 109,266円(税込))
  2. 2~3回目:109,266円(税込)

で受講することができます。一括払いが難しくても、気軽に始めることができます。

隔月払いは分割手数料が5%発生します。

機械学習エンジニアコース

このコースの料金は

  1. 入学金 ¥200,000 (税込)
  2. コース料金 ¥877,800 (税込)

となります。

隔月払いが可能で、

  1. 入学金(入学時にお支払い)
    200,000円(税込)
  2. コース料金(事前学習終了後に支払い)
    初回:438,900円(税込)
    2回目:438,900円(税込)

で受講することができます。一括払いが難しくても、気軽に始めることができます。

最大40万円キャッシュバックのキャンペーンが適用されるのか?は必ず事前に確認してください。

隔月払いは分割手数料が5%発生します。

DIVE INTO CODEがおすすめな人は?

DIVE INTO CODEは、以下のような人に、おすすめです。

こんな方におすすめ

  • 将来仕事で確実に使えるスキルを身につけたい方
  • スクール卒業後にIT企業へ就職したい方
  • ここで人生を変えたい強い意志のある方
  • 授業開始から、最後までやり遂げられる方

DIVE INTO CODEの教室一覧

DIVE INTO CODE 東京校

  1. 住所
    東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館4階ab
  2. 駅から距離
    渋谷駅から徒歩10分

DIVE INTO CODE利用者の評判・口コミ

4年働いた銀行を退職し、ITエンジニアに転職
宮崎 雄介さん|即戦力コース(現Webエンジニアコース)

新卒から4年間は銀行で営業をしており、働きながらDIVE INTO CODEに通っていました。僕はDIVE INTO CODEのオリジナルアプリケーションを発表するイベント / DEMODAYに登壇するをオススメします。勇気がいりましたが、オリジナルアプリケーションのクオリティが上がり、仲間もできました。プログラミングを通じたWebサービス作りを楽しんでいれば、評価してくれる人は現れ、就職も難しくないと思います。プログラミングを楽しみましょう!
引用元:DIVE INTO CODE公式

仲間と共に切磋琢磨できたからこそ、就業への道がつながった
伊藤 佑樹さん|即戦力コース(現Webエンジニアコース)

30歳を目前にし、本当にやりたかったことを実現するために上京し、DIVE INTO CODEに入校しました。プログラミングは未経験で、過去に何度か独学に挑戦しては挫折を繰り返していました。DIVE INTO CODEで仲間と共に学ぶことでモチベーションを保つことができ、継続して学習を続けることでオリジナルアプリケーションを作るための知識を身につけることができました。学習を楽しみ、プログラミングを楽しむことで就業への道を開くことができました。
引用元:DIVE INTO CODE公式

エンジニアになること自体をゴールにせず、主体的に勉強を続ければ自ずと結果はついてくる
富山 健作さん|即戦力コース(現Webエンジニアコース)

職域を拡げ、仕事を通じて、社会課題を解決できる人材として成長していきたい、最短距離で転職活動を成功させたいという想いから、入校しました。地に足のついた講義、毎月行われる就業説明会で、多くの企業様と直接お話ができる機会を設けていただき、エンジニアとして働く上での、考え方や姿勢を学ぶことができました。仕事をしながら、勉強時間を確保し、かつ転職活動を行うという濃い時間を過ごせたのも、DIVE INTO CODEのお陰だと思っており、結果、スクールを受講している間に、希望する複数社から内定を頂くことができました。これからエンジニアを目指す皆様は、エンジニアになるという事自体をゴールにせず、その技術を使って、社会にどう貢献していきたいのかという点も視野に入れつつ、主体的に勉強を続けていけば、自ずと結果はついてくると思います。
引用元:DIVE INTO CODE公式

SES退職からの再挑戦。仲間がいたからこそ、諦めずに就業チャンスをつかむことができた
小山田 湧亮さん|即戦力コース(現Webエンジニアコース)

私は大学院を1年未満で中退し、SESである前職も1年未満で退職しました。働きながら土日や帰宅後の時間、電車の時間を利用してスクールで学んでいました。私の怠慢もあり卒業までに1ヵ月延長しましたが、転職に必要な最低限度のスキルは得られ、結果的に希望の自社開発会社から内定を頂きました。私は実質未経験枠だったと思いますが、スクール経由で知り合った人との繋がりのお陰で最後まで諦めずに転職活動を続けられました。皆様も最後まで諦めず走り切ってください!!
引用元:DIVE INTO CODE公式

空手日本一からの意を決したゼロリセット。新たなスキルを獲得し、プロエンジニアとしてデビュー
澤村 勇太さん|即戦力コース(現Webエンジニアコース)

私は元々空手の選手をやっており、全国大会優勝という実績があります。選手を引退し、自分は市場価値が低いという現実に直面し、新しいスキルを学び直す必要があると思い入校しました。最初はパソコンの操作もままならず、Macの右クリックができずに3日間悩んだほどです(笑)就業できた理由は2つあります。1つ目はメンターと同期に支えていただいたこと、2つ目は諦めなかったことです。授業や最終課題では自主性を求められる機会が多々あり、その点で鍛えられたと思います。転職活動ではその自主性を評価され内定が決まりました。
引用元:DIVE INTO CODE公式

DIVE INTO CODE利用の流れ

DIVE INTO CODEの利用は下記の流れとなります。

ご利用の流れ
  1. 無料カウンセリング
  2. 事前テスト
  3. 面談
  4. 受講料振込
  5. 入校
  6. オリエンテーション・受講開始

無料カウンセリング

DIVE INTO CODE公式サイトから無料カウンセリングに参加します。

DIVE INTO CODEのことだけでなく業界のことなど気軽に質問ができるので何でも聞いてみましょう。

事前テスト

機械学習エンジニアコース・Webエンジニア就職達成プログラムフルタイム希望の方は、カウンセリング後事前テストを実施します。

事前テストでは未知の問題に取組む姿勢やモチベーションの高さなどを重視して選考します。

※事前テスト合格レベルの知識を身につけたい方向けに事前テスト合格までの学習を提供するPreコースもあります。

面談

事前テスト後、即入校ではなく面談を通じて最終確認ができます。

無料カウンセリング後に新たに出てきた疑問点や質問などがあれば、遠慮せずに質問してここで全てクリアにしておきましょう。

受講料振込

入校を決めたら受講開始月の前月26日までに入学金と受講料を振込します。

支払い方法は一括と隔月払いがあるので自分の状況に合わせて選びます。

入校

振込が終わり、オンラインテキストや各種ツールに招待されます。

オリエンテーション・受講開始

受講前のオリエンテーションも開催されるので学習の進め方やマインドセットなどを確認します。

オリエンテーションも終わり準備が整ったら受講開始です。オンラインテキスト進めたり授業を受けて学習を進めていきましょう。

まとめ

DIVE INTO CODEの特徴・口コミ・評判・料金について詳しくご紹介しました。

Webプログラミング・Webサービスに特化したプログラミングスクールで、短期間で仕事で通用するスキルが身につくのと、転職・就職サポート制度が最大の魅力です。

プログラミングスキルは、人生の選択肢を広げてくれるもの、そのものなんですよね。だからこそ、もし現状に少しでも不満があるなら、プログラミングスキルを身につけて人生変えて欲しいなと思います。プログラミングスキルなら、本当に誰でもそれができるんです。

とはいえ、ここまで言っても実際に行動するのは10%くらいだと思います。でもこれって裏を返せば、今ここで行動さえ起こせば、悩んでいる他の人を出し抜くことができるということです。

時間は、あなたのことを待ってはくれません。人生は短いです。あっという間に過ぎていきます。悩んでいる時間があったら、今すぐ行動しましょう。

SHARE
関連記事
Top